海外での就職を考えている人は、日本で行うのとは大きく異なる形で就職活動をしなければならないことを、肝に命じなければなりません。まず、言語の障壁があるので、働きたいと考えている国の言語をビジネスレベルで習得する必要があります。
外国人を積極的に受け入れている企業では、普段から英語でコミュニケーションを取る場合もありますが、大半が現地人で英語圏の企業ではないときには現地の言葉を話せないと現場で苦労してしまいかねません。昇進や昇給などに響く可能性もあり、就職活動をするうえで必要になる場合も多いので言語習得は最重要事項の一つになります。

それと合わせて考える必要があるのが、企業側が外国人を受け入れる姿勢を持っていて、実績があるかどうかを良く調べることです。ただ募集をしているだけで実際には採用していないケースもあるので、事例を確認したうえで、採用される可能性がある企業を厳選して受けるのが重要になっています。書類を整えて送るだけでも、日本の企業の求人に応募するのに比べて苦労があるのは確かなので、無駄な労力がかからないように情報収集の時点から熟慮するのが肝心です。
そして、就職活動における文化の違いも国に応じて良く下調べをしてから取り組むのが必須です。海外では日本のような求人活動が行われているとは限りません。履歴書などにフォーマットがないことも多く、カバーレターの文化にもかなりの違いがあるので、その国のビジネスマナーを学んだうえで海外での就職活動に挑みましょう。