社会人になった後、留学してMBAやPhDを取り、そのまま海外で就職するケースがあります。日本の大学を出て企業に就職してから、再び学生に戻ることができるのです。大学に入学し直すことは、海外では非常に歓迎されています。
成功者の中には、MBAのコースでビジネスモデルを学び、大きく飛躍できたと感じる人は多いでしょう。MBAを持っていることはステータスであり、企業に大きく貢献できるため、学校に入学する前から仕事のオファーがくるほどです。

いくら日本国外で働くことにメリットがあるのが分かっていても、生まれてからずっと日本で育ってきた人にとって、英語はネックに感じるかもしれません。日本では英語ができる方でも、現実では期待していたほどではなくショックを受ける人も多いです。スラングや略語は毎日少しずつ変わります。笑いどころのセンスも違うので、ユーモアやジョークが理解できないときもあるでしょう。最初はがっかりする部分があるかもしれませんが、大事なのは英語ではなく仕事の感覚やスキルだと切り替えて、チャレンジする心を失わないようにしましょう。
海外の仕事の進め方を、無意識に日本的な価値観で判断してしまいがちです。日本の文化や価値観には素晴らしい部分があるのはもちろんですが、それを押し付けるのは良いことではありません。外国人のやり方をネガティブに受け取らないように気をつけましょう。気持ちを大きく持って、外国人から新しく習うような感覚でトライすることが大切です。