海外で成功している日本人は多く、例えば日本食は欧米でブームになっていて日本食のレストランや寿司屋などは人気があります。日本食を食べてみたいと思っている現地の人や、日本食が恋しくなった日本からの駐在員、観光客などさまざまな人が利用しています。
外国で仕事をする場合、その国に合ったやり方で仕事を行っていくのが大事です。国によって文化が違い、常識や考え方も違うので、日本のやり方をそのまま持っていくと失敗する可能性があります。日本のやり方を現地の人に押し付けず、その国の文化や常識などを理解することが大切で、臨機応変な対応や柔軟な考え方ができる人が成功者になる秘訣です。

自分の意見や意思を押し通すことは場合によっては大事ですが、仕事においてはあまりこだわらず柔軟な姿勢で対応していく方が良いでしょう。最初から完成した商品やサービスなどを売り込もうとはせずに、現地で試したり変えたりしながら様子を見ていき、現地の生活レベルにも合わせて値段なども調整していきます。
海外で成功した人に共通していえることはチャレンジ精神が旺盛なことで、不安やリスクを恐れずに挑戦し、失敗してもまた挑戦しています。実際、仕事における成功者は失敗や挫折している人が多く、ミスをしてもまた立ち上がっているのです。仕事のフットワークが良い人も多く、良いアイデアを思いつくとすぐに試したり実行したりします。海外で働くことで、日本では味わえないような貴重な経験をすることが可能です。